70歳の記念日にお勧めするシャンパン

古希

日本には古来から一定の年齢を祝う風習があり、還暦や喜寿といった言葉を聞いたことがあるはずです。

最近では誰でも当たり前に迎えるようになった60歳ですが、戦国時代はもちろんのこと江戸時代でも祝いになるくらいには珍しいことでした。

それゆえ記念として祝いをしていましたが、昨今は病気や事故といったトラブルがない限り、誰でも普通に迎えることが出来て祝福といったムードはかなり薄くなっています。

しかしその次の70歳の古希というのは迎えることはできても、健康で元気に日常生活が送れているという人は少ないかもしれません。

自宅でお祝いができる状態にいるのは十分にめでたいことだと考えられます。

祝いをする時に大切なのはプレゼントですが、両親や祖父母であっても若い人からすると、古希の祝いに相応しいものというのは分からないことが多いです。

プレゼントというのは贈る相手に喜んでもらうことが大切で、自分の気持ちだけで選んでしまうと一方的な押し付けになってしまいます。

気持ちがこもっていれば良いというものではなく、やはり喜んでもらえるというのがポイントになり、見つけ出すのはかなり難しいです。

特に同じ年で両親や祖父母が一緒に迎えるといった時には、同性の方が欲しいものなど分かりやすくなりますし、信頼度も高い場合が多くなります。

それだけにプレゼントに差が出てしまう可能性があり、これはあまり良いケースではありません。

シャンパン

そこでおすすめしたいのは、お酒が嫌いでなければシャンパンがよく、お祝い用のお酒として広く利用されるようになってきています。

ワインでもいいですが、炭酸が含まれている方が高級感や特別感を感じさせてきて、特に高齢の人にとっては祝いの酒といったイメージが高いです。

そういった意味からも喜ばれることが多く、シャンパンだけではなく花束を添えて、ケータリングの料理などと合わせて贈るといいかもしれません。

プリザーブドフラワー

花束は手入れが面倒だという場合、プリザーブドフラワーを活用するのも良く、生花を特殊な薬剤につけてそのままの状態を維持できて、水やりなどが必要ないので気楽に飾っておくことができて人気が高いです。

お酒だけだと何となく寂しい、そういった時にはセットにするのがおすすめになります。

シャンパンの黄金色の輝きは縁起の良い黄色に通じるので、祝いの席のプレゼントして相応しいです。

飲み口も優しいのでお酒が苦手な女性でも口をつけやすく、フルーティーさを感じさせるものも多いので、お料理と合わせれば苦手意識を感じさせません。

最近はオリジナルのラベルを付けてくれるサービスもあるので、古希祝として名前や年齢を入れてもらうのも良く、特別感を高めることが出来ます。

完全に下戸であるといった人には向きませんが、ある程度嗜むことが出来るならシャンパンはおすすめのプレゼントです。

花や料理などとセットにすることで贅沢な気持ちになれるので、相手を考えてチョイスしてみてください。

 

お勧めしたい記事→古希のプレゼントに最適なシャンパン