傘寿祝いのプレゼントとして送って良い花と送ってはいけない花

傘

傘寿は数え年80歳の時にする長寿の御祝いです。傘の字を分解すると八十に見えることから、そのように呼ばれることになったと言われています。

また、傘が末広がりで縁起が良いことも使われることになった要因です。プレゼントに場を華やかにする物が相応しいので、花を贈る方も多いです。

傘寿の御祝いの象徴となる色は黄色で黄金色のように色味が強い花でもいいですし、オレンジがかった明るい山吹色からベージュがかった金茶色まで色とりどりの花を選べます。

少し色味は淡くなりますが、パステル系のイエローも柔らかい色合いで明るくなるでしょう。ビタミンカラーのレモン色も明るい感じがして好まれます。

全て黄色の花で揃えなくても、あくまでも主体で使って他の花との色合わせを楽しんで揃えても良いでしょう。

高貴で相手への敬意を表す紫系統を合わせてもいいですし、女性であればピンクやオレンジを合わせても華やぐ色合わせで喜ばれます。

傘寿を迎える方が黄色が苦手であれば本数を少なくして、他の色の花を多く混ぜても構いません。

特に縁起の良い色は朱赤・濃紫・濃い黄色の組み合わせと言われていますので、組み合わせる際に考慮するといいでしょう。

黄色い花がどうしても苦手という場合は他のをプレゼントしても構いませんが、贈る場合には配慮した方が良い色合わせもあります。

青と白の花

青や白の組み合わせと、白と紫の花の組み合わせは、シンプルでつい選んでしまいがちです。

この2種類の合わせ方は、通夜やお葬式の供花で使われやすい色です。不祝儀や仏事に繋がり、縁起が悪いので避けるようにしてください。

白一色にするのは、あらゆる葬儀で使われるので絶対に選ばないようにしましょう。

先方の好みに合わせたとしても、周囲に気にする方がいる場合があるので、やめておいた方が無難です。

仏事に用いられる花といえば、菊があります。黄色い花も多く、球状の可愛らしい形をした物もありますが、気にする方もいますので選ばない方がいいです。

ユリ

百合も葬儀で使われることが多いですが、香りが良いこともありますし、花の形状が格好良くシニア層に人気があります。

白い百合でなければ祭壇に飾られることがないので、色がついた百合なら構わないでしょう。胡蝶蘭も同様に供えられます。

幸せが富んでくるという花言葉がありますので、ピンクや黄の華やかな色の花を選べば傘寿のプレゼントに相応しいです。

テーマカラーから外れてしまいますが、白い花でも花の芯部分が赤い物であれば、おめでたい紅白の色合わせになりますので傘寿のプレゼントにしても素敵です。

傘寿のプレゼントにする花の形式は特に決まりがありません。切り花をアレンジメントにして花束にする以外にも、かごに盛って贈っても構わないでしょう。

かご盛りは花瓶がない場合でも飾りやすいです。先方がガーデニングが趣味の方であれば、鉢植えでも問題ありません。

鉢植えは、「根付く」というので縁起が悪いと言われる場合がありますが、病気療養中の方にお見舞いでプレゼントする訳ではないので失礼にはなりません。

世話をする必要なく、長期間楽しんでもらうならプリザーブドフラワーも向いています。

喜寿のお祝いに旅行を両親にプレゼントする

夫婦

日本には古来から一定の年齢になるとお祝いをするという風習があり、60歳を迎えた還暦からはじまり、70歳の古希、77歳の喜寿、80歳の傘寿と続いていきます。

戦国時代から江戸時代にかけて平均的な寿命は50歳くらいとなっていて、60歳を迎えるというのはめでたいことだと考えられていました。

昨今では60歳はまだまだ若く、年寄り扱いされると不愉快になるくらいですし、定年も65歳になったことから現役ということができます。

それだけに還暦祝いというのはちょっと大袈裟にも感じられますが、元気で働けるというのは十分にめでたいです。

ただ古希や喜寿といったものになると、迎えることが出来ても元気に生活できているという人は少なくなり、夫婦で介護などと無関係というのは幸せだと言えます。

飛行機,旅行

そして元気に77歳を迎えてくれた夫婦にはプレゼントを贈りたいと考えるお子さんも多く、元気な両親の場合は物よりも旅行が楽しめるかもしれません。

寿命が延びているといっても、足腰が元気で活動的に動ける時間というのは少なくなってきて、体力がなくなってくると遠出をする気が少なくなってしまいます。

そこで77歳というまだ元気な両親の場合は、あえて物としてのプレゼントではなく旅行を選ぶのも良く、夫婦二人だけの思い出作りがおすすめです。

家族で一緒にというのも悪くはなく、時間を合わせて一緒に旅をするのも贈り物としてぴったりとなります。

旅行の魅力は観光地などを巡って美味しいものを食べる非日常性で、普段の生活圏内から脱出することによって、気持ちをリフレッシュすることが可能です。

普段と違う環境だから新鮮さを感じることができて、日常を忘れてゆっくりと過ごすことが出来ます。

喜寿を迎える夫婦なら定年退職をして毎日をのんびりと過ごしていると思いますが、だからこそ時として毎日の繰り返しに嫌気がさすこともありますが、若い頃から旅好きならともかく、特別感を持っている夫婦だと気楽に行くことができません。

そこでお祝いのプレゼントとして贈るのがよく、喜んでくれるはずです。

旅先は基本的にどこでも良いですが、事前に両親の思い出の地をリサーチしておくのもいいかもしれません。

夫婦で散歩

改めて夫婦としての絆を深めてもらうのは子供としても嬉しく、定年後に毎日一緒にいることで少しの面倒くささが出ている時など、気持ちをリフレッシュすることが出来ます。

プレゼントに良い品が見つからない、物を欲しがらなくなった、そういった時には旅行を贈るのもおすすめです。

子供にとって親は何歳になっても大切な存在で、喜寿という節目の年を元気に迎えたなら、この先も思い出に残るプレゼントを用意したいものです。

その際には物としての形にこだわるだけではなく、旅行といったものも良く、夫婦間の絆を深めることにもつながってくれます。

両親が喜寿を迎えた時にお祝いに悩んでいる時には参考にしていただきたく、おすすめになります。

 

おすすめの参考記事∇両親の喜寿のお祝いに旅行をプレゼントしよう!

70歳の記念日にお勧めするシャンパン

古希

日本には古来から一定の年齢を祝う風習があり、還暦や喜寿といった言葉を聞いたことがあるはずです。

最近では誰でも当たり前に迎えるようになった60歳ですが、戦国時代はもちろんのこと江戸時代でも祝いになるくらいには珍しいことでした。

それゆえ記念として祝いをしていましたが、昨今は病気や事故といったトラブルがない限り、誰でも普通に迎えることが出来て祝福といったムードはかなり薄くなっています。

しかしその次の70歳の古希というのは迎えることはできても、健康で元気に日常生活が送れているという人は少ないかもしれません。

自宅でお祝いができる状態にいるのは十分にめでたいことだと考えられます。

祝いをする時に大切なのはプレゼントですが、両親や祖父母であっても若い人からすると、古希の祝いに相応しいものというのは分からないことが多いです。

プレゼントというのは贈る相手に喜んでもらうことが大切で、自分の気持ちだけで選んでしまうと一方的な押し付けになってしまいます。

気持ちがこもっていれば良いというものではなく、やはり喜んでもらえるというのがポイントになり、見つけ出すのはかなり難しいです。

特に同じ年で両親や祖父母が一緒に迎えるといった時には、同性の方が欲しいものなど分かりやすくなりますし、信頼度も高い場合が多くなります。

それだけにプレゼントに差が出てしまう可能性があり、これはあまり良いケースではありません。

シャンパン

そこでおすすめしたいのは、お酒が嫌いでなければシャンパンがよく、お祝い用のお酒として広く利用されるようになってきています。

ワインでもいいですが、炭酸が含まれている方が高級感や特別感を感じさせてきて、特に高齢の人にとっては祝いの酒といったイメージが高いです。

そういった意味からも喜ばれることが多く、シャンパンだけではなく花束を添えて、ケータリングの料理などと合わせて贈るといいかもしれません。

プリザーブドフラワー

花束は手入れが面倒だという場合、プリザーブドフラワーを活用するのも良く、生花を特殊な薬剤につけてそのままの状態を維持できて、水やりなどが必要ないので気楽に飾っておくことができて人気が高いです。

お酒だけだと何となく寂しい、そういった時にはセットにするのがおすすめになります。

シャンパンの黄金色の輝きは縁起の良い黄色に通じるので、祝いの席のプレゼントして相応しいです。

飲み口も優しいのでお酒が苦手な女性でも口をつけやすく、フルーティーさを感じさせるものも多いので、お料理と合わせれば苦手意識を感じさせません。

最近はオリジナルのラベルを付けてくれるサービスもあるので、古希祝として名前や年齢を入れてもらうのも良く、特別感を高めることが出来ます。

完全に下戸であるといった人には向きませんが、ある程度嗜むことが出来るならシャンパンはおすすめのプレゼントです。

花や料理などとセットにすることで贅沢な気持ちになれるので、相手を考えてチョイスしてみてください。

 

お勧めしたい記事→古希のプレゼントに最適なシャンパン

本当に喜ばれる退職祝い

ビル

会社を退職する本人は、名残惜しい気持ちを残しながらも退職するようになりますし、新しい人生に向けて頑張っていこうと希望に満ち溢れて退職をしていく人もいます。

定年退職をする人もいれば、寿退社をする人、転職を機に退職をする人など退職の理由は様々です。

今までお世話になりましたの気持ちを込めたり、お疲れ様の気持ちを込めて退職祝いを準備するといいでしょう。

退職をする人が本当に喜んでくれるものを送るといいですが、どんな物を送るのが喜ばれるのでしょうか。

寿退職をする人に喜んでもらえるものとしては、夫婦で使ってもらえるような物を選んであげると喜んでもらえるでしょう。

クルーズ船

例えば、高級ディナークルーズのチケットを渡してあげると喜んでもらえるはずです。

夫婦二人の時間をゆっくりと楽しんでもらうには最適ですし、自分ではなかなか行く事が出来ないものですので、夫婦で楽しむいいきっかけづくりをする事も出来ます。

女性の上司が退職するのであれば、スパチケットなどを渡すのもいいでしょう。

スパチケットもディナークルーズ同様に、行きたいという気持ちはあってもなかなか行けるものではありませんので、体の疲れを癒してもらうのにも最適になります。

しかも後に残らないものでもありますし、好みがわからなくても大丈夫ですので失敗が少なくなります。

後に残るものだったり、好みではないものであれば、使わなくてはならないと無理をさせてしまう事にもなりかねません。

もらっても困るような物を渡してしまうと、感謝の気持ちを込めて渡したはずなのに、最後まで迷惑をかけてしまう事になりかねませんので、好みが別れるようなものは出来るだけ避けるようにして、気をつけて選ばなくてはなりません。

ワイン

外に出るのがあまり好きではない相手に喜んでもらいたいものを選びたいのであれば、自宅でゆっくりできるものを選ぶといいでしょう。

お酒好きの人であれば、高級ワインセットなども喜んでもらえるはずです。

ワインだけではなく、チーズなどのおつまみもセットになっているのであれば、家でゆっくり一人で楽しんでもらう事も出来ますので、外に出る必要はありません。

高級なチーズのセットなども一緒に渡しておけば、お店で飲んでいるような雰囲気を味わいながらワインとチーズを楽しんでもらう事も可能です。

相手に本当に喜んでもらいたいものを渡したいのであれば、相手の好みや人間性を考えるところから始めてみてもいいでしょう。

運動が好きな相手であれば、ランニングシューズなどを渡してもいいですし、料理好きの相手であれば、キッチン用品を渡す方法もあります。

喜んでもらいたいのであれば、自分好みで選ぶのではなく、相手の好みに合わせて選ぶという方が断然喜んでもらえます。

予算の問題もありますので、先に予算を決めてからその中でおさまる範囲で選んでいくようにし、寄せ書きや手紙などのメッセージとともに、出来るだけ退職の日までに渡すようにしましょう。

関連するおすすめ記事∇本当に喜ばれる退職祝いの選び方|上司とお父さんに贈る場合の相場やおすすめのプレゼント