ビール腹になる原因

おなか

ビールが好きでよく飲む、という人の悩みになってしまうのがビール腹です。

ビール腹は、中年期になる男女ともになりやすい状態で下腹あたりがぽっこりと突き出すような状態になってしまいます。

ビールは美味しいけれど、この体型はなんとかしたい、という人も多いと思います。

そんな状態を改善するためには、原因を理解してから対処していくことが改善へとつながります。

おなか

具体的な原因としては、ビール腹とはビールによってできる体型ではないということを理解する必要があります。

アルコールはカロリーが高く、アルコール度数自体が熱量となります。

お酒はいろいろありますが、その中でもビールは比較的度数の低いお酒に分類されます。

そのため理論上は基本的にビールは太りにくいお酒と言えます。

しかし、それでも太ってしまうというという人も多いですが、これはビールというお酒が問題なのではなく、それと一緒に食べるおつまみが原因となります。

お酒が好きな人には、度数が低いお酒が好きな人と度数が高いお酒が好きな人がいますが、これを比較してみると度数が低いお酒が好きな人の方が肥満率が高いとされています。

度数が低いお酒は、ヨーロッパでは食中酒とも呼ばれており、つまり食事をしながら飲むのに適しているアルコール度数となっています。

つまり、ビールは食事と一緒に飲むことが多く、酒量に合わせておつまみも多く食べる傾向にあり、また飲食にかける時間も長めのため、お酒を飲まずに食べる食事に比べて摂取カロリーも高くなっていきます。

この摂取カロリーの多さが、太る原因でビール腹へとつながっていきます。

サラダ

ビールを飲んで太りたくない、という場合には、ビールの選び方やおつまみの工夫などをすることが対策となります。

まず、ビールを選ぶ場合には通常のビールではなく近年よく販売している、糖質カットした低カロリービールを選ぶことがオススメです。

各メーカーで販売されているため、低カロリービールは美味しくなさそうと思う前に、自分の味覚に合うものがないか飲み比べてみることが良いとされています。

また、糖質オフと糖質ゼロでは異なるため、選ぶときには注意が必要です。

ビール自体を選ぶことも重要ですが、直接的に太る原因になるおつまみを工夫することも重要となります。

ビールは炭酸が含まれているため、どうしても唐揚げやフライなど揚げ物や肉類などが多くなっていきます。

そのため、それを避けるためにも意識してサラダなどの野菜を食べるようにしていきます。野菜に含まれる食物繊維は、余分な脂肪分を吸収する働きがあります。

ビールと枝豆

豆類などもオススメです。低カロリーな枝豆や冷奴などを積極的に食べることでビール腹対策になります。

飲んですぐ眠る、という人もいますが、これは太ってしまうことにつながります。

ソファーに横になっても脂肪はついてしまうため、座ってパソコンを見るなどの作業をすることをオススメします。

その他、肝臓をいたわる、運動をすることなども改善には大切です。

ビールのつまみ編:ぬれせんのチーズ焼き

ビール

美味しいビールを飲んでいたらつまみが欲しくなると思います。

唐揚げに餃子、ついつい手が出てしまうフライドポテト等がお好きな方は多いと思われます。

ですがビールは太りやすいとされていますので、少しでもカロリーが控えめでなおかつ手軽に作れる物が食べたい‥

そんな方にはぬれせんのチーズ焼きがおすすめです。

ぬれせんべいとは、一般的なお煎餅がパリパリとした食間をウリにしている中、ぬれせんべいはしっとり感をアピールしたお煎餅のことです。

焼いたお煎餅の生地を醤油に浸す事で柔らかい食感を生み出していて、染み込んだ醤油の味が香ばしく硬めのお菓子が苦手な方でも食べやすい一品です。

そんなそのまま食べても美味しいぬれせんべいですが、少し手を加えるだけで立派なビールのつまみになります。

まずはその材料についてご紹介します。

せんべい

ぬれせんべい数枚、ピザ用チーズ適量、黒胡椒、七味。これだけでいいんです。

家にあったり、スーパー等で売っている物ばかりなので簡単に用意出来ます。

準備が整いましたら次は調理法についてご紹介します。

まずはぬれせんべいに適量な量のピザ用チーズを乗せます。

この時にもしピザ用チーズが無いようでしたらとろけるチーズでも構いません。

そしてそれらをオーブントースターかオーブンで焼きます。

注意点としては焦げないように気をつけながらチーズがとけるくらいまで焼きます。

チーズがとけたら取り出して、最後にお好みで黒胡椒か七味を振りかけて完成です。

料理と言ってしまっていいのかが疑問なほど簡単に作ることが出来ます。

もともとぬれせんべいにはしっかりと味がついていて、それがチーズと混ざりあうことによってちょっとした和風ピザのような味わいになります。

ピリッとした辛みもまたキレの良いビールにはよく合います。

ハム

もう少しボリュームが欲しいと思われるようでしたら、チーズの上にハムを切ったものを乗せても良いです。

他にもぬれせんべいの上にクリームチーズを乗せてさらにその上に切ったアボカドを乗せて焼くというのもおすすめです。

さらに明太子が冷蔵庫にある場合はそれを薄く切って乗せて上から刻み海苔をかけても美味しく頂けます。

後はチーズの上にケチャップを塗っても良いですし、好みが分かれますがチーズの上に刻んだたくあんやお漬物を乗せて焼いても風味が変わって美味しくなります。

また、チーズの上にマヨネーズをひと塗りしますと更にピザに近い味わいになります。

最後にビールのつまみとしてご紹介したぬれせんべいのチーズ焼きですが、晩御飯だけでは物足りなかった時にボリュームのあるおやつとして食べたい時にも重宝しますよ。

驚くほど簡単に調理出来るので、もしご自宅等で複数でわいわい飲んでいる時なんかはここでご紹介したメニューだけではなく、集まった皆さんでトッピングを工夫し色々焼いて試しながら飲んでも楽しめると思います。

以上でぬれせんのチーズ焼きとその調理法についてのご紹介を終わります。

エチゴビール・発泡酒

ビール

かつては大手の酒造メーカーだけに限定されていたビールを製造する行為。

これが1994年に日本政府の緊急経済対策の一環として最低製造数量の基準の規制が緩和されて造りやすくなりました。

緩和されるまでは最低でも2千kl製造する必要があったものが60klに引き下げられ、日本のそれぞれの地域で地ビールの製造会社を目指すようになったのです。

そして規制緩和後に醸造することを許可する免許を最初に取得したのがエチゴビールになります。

新潟市に1890年に創業した日本酒の酒蔵が営業していますが、この酒蔵の現役の5代目の当主がエチゴビールを設立した方です。

イタリア

この日本酒の酒蔵の当主は、東京の大学を卒業した後イタリアに移住。

イタリアの古典仮面喜劇について学び、演出家や俳優としてヨーロッパをメインに公演活動を行っていた経歴があります。

ヨーロッパに滞在していた最中にドイツ人女性を妻に迎え入れたことがきっかけでビール作りに関心を持つようになった訳です。

14年間ヨーロッパに滞在していましたが父親が亡くなったことをきっかけに日本に戻り、日本酒の酒蔵を引き継いだのは規制緩和が実施される4年前でした。

当主はヨーロッパのお酒の文化を熟知していました。

ですので日本に地ビール文化を根付かせるために真剣に事業に取り組み、充分な準備を行って日本で最初の醸造する許可を得たのです。

1年間で2万kl製造することができる設備を新たに設置。

その設備を利用してさらに培ってきたノウハウや技術に磨いて、最初に醸造許可を獲得した地位に恥じない高い品質の美味しい商品を製造し続けています。

ビール

日本ではとりあえず飲むものとして扱われがちなビール。

エチゴビールでは保存や管理が行いやすいように製造された大手の酒造メーカーの商品と似たようなすっきりしたラガー系のタイプの商品を目指している訳ではありません。

ビール本来の美味しさを味わえる個性的でしっかりとした味がするエール系の商品を製造しています。

酵母は、麦芽を煮込んだ水の中に含まれているアルコールと糖分を炭酸ガスに変換する味の決め手となる重要な原材料です。

その酵母をエチゴビールは自社で培養して造っているのです。

本格的な商品を製造することにこだわっているエチゴビール。

ロシア

アメリカに商品を輸出していますし、近頃豊かになってきているロシア人の富裕層の方たちに商品が受け入れられてきているため、ロシアに輸出も開始しています。

そして原料にオレンジピールとコリアンダーシードを使った発泡酒のベルジャンホワイトエールも取り揃え、様々なお客様のニーズに応えているのです。

ところが今の製造している量は、まだ1年間で2千klぐらいとなっていて製造することが可能な量のおよそ10パーセントぐらいしか稼動していません。

ニーズが増すことによって製造する量が増えれば、コスト削減が実現できるようになり、本格的な商品を安く手軽に飲むことが可能になります。

そのような予測もできますし、ぜひ皆さんエチゴビールや発泡酒を試してみてはいかがでしょうか。