還暦祝いでのプレゼントの選び方

ルビー

プレゼント

 

60歳になり、暦がひとつ巡ったことを祝うのが還暦です。

これはこれから続く長生きのお祝いの始まりでもあり、ある程度年齢が高くなったことの区切りでもあります。

同時に、定年退職を迎えたり、これから再雇用ではたらく人もいるのではないでしょうか。

この還暦祝いを祝うのなら、どういう物を選ぶのかは重要です。

どういうアイテムを送ると良いでしょうか。

 

還暦祝いギフトの選び方

 

まず、基本的には「本人が好むものを選ぶ」というのと「本人が希望するものを選ぶ」というのが王道でしょう。

この二つは欲しいものが明確な人であればあるほど、ある程度しっかり希望を伝えてくるものです。

そういうときに、どういうふうに希望を叶えてくるかがポイントとなります。

ただ、必ず本人が希望するものを贈らないといけないという決まりはありません。

そもそもある程度年齢を重ねている人は欲しいものはだいたい持っているものですし、これが欲しいと素直に口に出すことが下品だと考える人もいます。

また、もらえるならけちをつけるような事は出来ないと考える人もいます。

このため、基本的には本人が好むものや、本人が希望するものを選ぶのが主流です。

 

お酒

 

ワイン

 

ただ、それが予算オーバーだったり明確ではない場合は、王道となるような贈り物がいくつかあります。

ひとつはお酒です。

お酒はお祝いの席でも多く使われているもので、特に金額が多くあること、複数本をまとめることで予算的にも十分選択肢が増えることなどから、愛用されています。

ランクや量に応じても金額を調整できますし、包装やラベルなどに工夫することが出来るのも大きなポイントでしょう。

注意したいのはその人の好みと健康状態です。

中にはお酒は全く飲まないという人もいますし、お酒を禁止されている人もいます。

アルコール類については特に本人との相性もありますので、本人が好きで健康的にも問題なく呑める、というパターンのみぜひ贈りたいものです。

それ以外の場合は重荷になってしまったり、いらないものだと考える人も出てきます。

注意しておきましょう。

 

アクセサリー

 

ルビー

 

女性への還暦祝いであれば、アクセサリーもいいですね。

アクセサリーはどの年代の女性も好きですし、また重くも大きくもないので、負担になる可能性が少ないのです。

基本的に還暦のものですので、還暦を想定した色石を使ったものがいいでしょう。

本人の誕生石を使ったものもいいのですが、一説には還暦のイメージカラーである赤い色石をメインとすることが多いようです。

このため、例えばルビーやガーネット、赤珊瑚などの赤いものを中心として贈ることを想定しておきましょう。

特に年齢が高い人の場合はボリューム感のあるジュエリーのほうが似合います。

デザインも考える対象の一つとなるでしょう。

 

旅行券・商品券

 

飛行機

 

夫婦へ贈る還暦祝いであれば、旅行券や商品券なども方法です。

これは相手の好みがわからない場合や相手が旅行好き・ショッピング好きな場合に限られます。

まだ60代は元気な人が多いので、アクティブに動き回ることが出来るでしょう。

旅行が好き、ショッピングが好きな夫婦には旅行券や商品券を贈ると好まれます。

気をつけたいのは、こういった券を嫌う人もいるということでしょう。

というのも、旅行券や商品券は金額が分かりやすいため、どうしてもいくら貰ったかということを気にしがちです。

また、金額がはっきりと分かることが下品だと考える人の場合、あまり好みません。

このため、相手の価値観に応じて選ぶようにしましょう。

場合によっては旅行そのものをプレゼントしたほうが良い場合もあります。

 

カタログギフト

 

相手が縁遠い人やあまり合わない人、好みがよく分からない人の場合、好みのものを選んでもらえるカタログギフトも方法と考えられます。

カタログギフトは数千円から数十万円までと選択肢が多く、基本的に掲載されている全ての商品に引き換えることが出来ます。

また、最近ではジャンルも増えて、例えば食事のみのカタログギフトやお出かけ・イベント用のカタログギフトなども出てきました。

このため、美食家で食べるのが好きな人には食事のカタログギフトを、お出かけや旅行が好きな人ならイベント用のカタログギフトを贈ってもいいかもしれません。

貰ったときに嬉しく、また商品の引き換えのときにもとても嬉しいため、二度楽しめるのもポイントです。

 

趣味に関するもの

 

登山靴

 

最後に、その人が好むものがなにかはっきりと分かるなら、その関連グッズでもいいでしょう。

例えばITが好きな人にはパソコンやデジタルアイテムを贈る、というのが一つの選択肢になりますよね。

山登りが好きな人には登山グッズ、手芸が好きな人にはハンドメイドキットなどを贈ってもいいですね。

この場合、本人が持っているということはあまり気にしなくてよいのです。

本人が持っているけれどプラスで持っていて欲しいということや、気持ちを込めて贈るといいのです。

趣味のものや好みのものはいくつ合っても邪魔にはなりませんので、気持ちを贈るつもりで選ぶといいですね。

参考記事→還暦のお祝い屋